[前編]トーヨータイヤ×ACミラン コラボに隠されたグローバルマーケティング戦略とは?(CM分析)

[前編]トーヨータイヤ×ACミラン コラボに隠されたグローバルマーケティング戦略とは?(CM分析)
引用:Youtube から
スポンサーシップ

スポンサーリンク

 今回は、ACミランのスポンサー「トーヨータイヤ」によるスポンサーシップのアクティベーションをご紹介します。

まず前編として、トーヨータイヤがACミランの選手を起用した、プロモーションCM「AC Milan vs. Drift Cars(ACミラン vs ドリフトカー)」を考察します。後編では、トーヨータイヤとACミランのコラボ特設キャンペーンサイトを考察します。

*ACミランのスポンサー企業一覧をご覧になりたい方はこちらから。

ACミランとのコラボ第三弾となるプロモーションCM

 TOYO TIRES(トーヨータイヤ)は東洋ゴムがグローバルで展開しているブランド名です。トーヨータイヤは、国内シェア4位、世界シェア13位(ともに2015年)と言われており、世界的なタイヤブランドであると言えます。

トーヨータイヤが制作したプロモーションCMはどういったものなのか、まずはこちらの動画をご覧ください。

  ACミランの選手の華麗なパスワーク、スポーツカーによる華麗な走り、コロシアムを彩る美女、全てが合わさり非常にかっこいい印象を受けるCMです。

 本田圭佑選手をはじめ、イニャツィオ・アバーテ、アレッシオ・ロマニョーリ、ガブリエルが出演しています。また、元ACミランのレジェンドであるフランコ・バレージ氏も登場しており、ファンにはうれしい内容となっています。

実は、このプロモーションCMはACミランとのコラボ第三弾となっています。第一弾となるCMは本サイトでも別の記事で取り上げています。



 こちらもなかなかユニークなものとなっており、現在YouTubeで約550万回再生されています。今回は、第三弾となるコラボCMが、どのような意図をもとに制作されたのかを考察します。

Surprising the worldというキーメッセージ

Surprising the worldのメッセージ(Youtube)
Surprising the worldのメッセージ(Youtube)

 これまでに3つのコラボCMが制作されましたが、これら全ては全世界のマーケットに向けて、トーヨータイヤの製品をプロモーションするという明確な目的があります。

トーヨータイヤは「そのタイヤに、驚きはあるか?(Surprising the world)」をキーメッセージとしたグローバル・ブランディングを展開しています。このキーメッセージを全世界に届けるため施策がこのCMです。左の写真のようにCMの最後にもこのメッセージは出てきます。

 トーヨータイヤ製タイヤ「PROXES(プロクセス)」を装着した2 台のスポーツカーは迫力のあるドリフトで、ACミランの選手たちの華麗なパスワークと対決します。この対決を通して、トーヨータイヤは観客に「驚き」と「感動」を与えることができる、というメッセージを届けようとしていることが見てとれます。

最後に出てくる、少女の手から離れたくまのぬいぐるみをドリフトカーと選手たちが協力して助けるシーンは、正しく観客に「驚き」と「感動」を届けているシーンと言えます。

また、CM中にスポーツカーがドリフトするシーンは10回以上確認できます。右の写真のように、各シーンでタイヤに焦点をあて、また「TOYO TIRES」のロゴがきちんと露出されるような演出がされています。企業ロゴとタイヤをきちんと露出させることで、視聴者に強い印象を残そうとしています。

タイヤにフォーカスしているシーン(Youtube)
タイヤにフォーカスしているシーン(Youtube) 
タイヤとTOYO TIRESのロゴを露出させているシーン(Youtube)
タイヤとTOYO TIRESのロゴを露出させているシーン(Youtube)

 こうした強い印象を残すようなCMを視聴者に発信することによって、トーヨータイヤというブランドに対する興味・関心を促すと共に、ブランドイメージの向上を図っています。

  そして、興味・関心を抱いた消費者を購買(アクション)へと繋いでいく仕掛けが、ACミランとトーヨータイヤのキャンペーンサイトです。こちらに関しては、後編で詳しく考察したいと思います。

継続はブランドイメージを強固にする

 前編となる今回の記事では、「AC Milan vs. Drift Cars(ACミラン vs ドリフトカー)」というCMを通して、トーヨータイヤが視聴者の興味・関心を促すために、どういった演出を取り入れたか考察しました。

今回のCMを含め、トーヨータイヤはACミランと3回にわたってコラボしています。いずれのCMも全世界で多くの視聴数を獲得しており、トーヨータイヤというブランドを認知させることに成功しています。こうしたコラボを継続して行うことで、「トーヨータイヤはACミランのスポンサー」というイメージを消費者に深く植え付けることができます。

後編では、興味・関心を抱いた視聴者を、購買(アクション)へと繋げるための仕掛けとなるキャンペーンサイトを考察します。

スポンサーリンク