【2018年度】Jリーグ全クラブの決算・経営情報をグラフ化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2017年度Jリーグ各クラブの決算・経営情報をデータスタジオで可視化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ? Jリーグ

スポンサーリンク

2018年度のJリーグ各クラブの決算・経営情報が開示されました。開示されたデータをグーグルデータポータルでまとめてみましたのでご覧ください。

営業利益やスポンサー収入が多いクラブはどこなのでしょうか?

*本記事で取り扱うデータはJリーグ公式サイトに掲載されている情報を参考にしています。データ元はこちらから。

更新情報(2019年07月25日)

  • 2018年度データに対応しました。(※3月決算の4クラブ(柏、湘南、磐田、YS横浜)含む)

Jリーグ全クラブの項目別決算・経営情報

Jリーグ全クラブの項目別決算・経営情報をご覧ください。

*「クラブ」「項目」「シーズン」を選択するとデータが切り替わります。(デフォルトは営業収益です。)

*チームや項目を選択したあとグラフが見えない際は、グラフのどこかをクリックすると解消されます。

*PCでの閲覧の場合、データスタジオの仕様の問題でグラフが正常に表示されない場合があります。その際にはブラウザのキャッシュや閲覧履歴を削除していただけると解消されます。

Jリーグクラブ別決算・経営情報

Jリーグ全クラブ別決算・経営情報をご覧ください。

*「チーム」「シーズン」を選択するとデータが切り替わります。

2018年 vs 2017年 決算・経営情報比較

Bリーグの決算・経営情報バージョンも作成しました。

2017年度Bリーグ全クラブの決算・経営情報をグラフ化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2018.11.23

Jリーグ及びサッカービジネスを理解するのにオススメの書籍

営業利益の多かったクラブは?(営業収益 – 営業費用=営業利益)

各リーグの営業利益TOP3とWORST3のクラブをまとめました。

J1

TOP3

  1. ヴィッセル神戸(20億2500万円)
  2. 鹿島アントラーズ(5億8400万円)
  3. 川崎フロンターレ(4億7400万円)

WORST3

  1. セレッソ大阪(-3億600万円)
  2. コンサドーレ札幌(-2億4500万円)
  3. 清水エスパルス(-2億4300万円)
J1決算・経営情報 - 営業利益

J1決算・経営情報 – 営業利益

J2

TOP3

  1. 大分トリニータ(2億3100万円)
  2. ジェフユナイテッド市原・千葉(1億1500万円)
  3. FC岐阜(1億1200万円)

WORST3

  1. レノファ山口(-5300万円)
  2. 町田ゼルビア(-3200万円)
  3. 水戸ホーリーホック(-200万円)
J2決算・経営情報 - 営業利益

J2決算・経営情報 – 営業利益

J3

TOP3

  1. ガイナーレ鳥取(1300万円)
  2. 藤枝MYFC(100万円)
  3. Y.S.C.C.横浜(-200万円)

WORST3

  1. AC長野パルセイロ(-4700万円)
  2. カターレ富山(-4100万円)
  3. ザスパクサツ群馬(-3700万円)
J3決算・経営情報 - 営業利益

J3決算・経営情報 – 営業利益

スポンサー収入(広告収入)の多かったクラブは?

本サイトではスポンサーについて特に取り扱っているため、広告収入(スポンサー収入)についても簡潔にまとめました。

J1

TOP3

  1. ヴィッセル神戸(62億800万円)
  2. 名古屋グランパス(33億4500万円)
  3. 浦和レッズ(32億2600万円)

WORST3

  1. ベガルタ仙台(11億3700万円)
  2. V・ファーレン長崎(11億8300万円)
  3. 湘南ベルマーレ(12億2400万円)
J1決算・経営情報 - スポンサー収入

J1決算・経営情報 – スポンサー収入

J2

TOP3

  1. 大宮アルディージャ(26億1100万円)
  2. ジェフユナイテッド千葉(19億9400万円)
  3. 京都サンガ(12億4300万円)

WORST3

  1. カマタマーレ讃岐(2億6800万円)
  2. 愛媛FC(3億2400万円)
  3. ツエーゲン金沢(3億2800万円)
J2決算・経営情報 - スポンサー収入

J2決算・経営情報 – スポンサー収入

J3

TOP3

  1. AC長野パルセイロ(4億1700万円)
  2. ギラヴァンツ北九州(3億9400万円)
  3. 鹿児島ユナイテッド(3億3000万円)

WORST3

  1. Y.S.C.C.横浜(4400万円)
  2. いわてグルージャ盛岡(1億1800万円)
  3. FC琉球(1億5600万円)
J3決算・経営情報 - スポンサー収入

J3決算・経営情報 – スポンサー収入

今後の更新予定

2017年度以前のデータも追加できればと考えています。追加しましたらSNS等でお知らせいたします。

更新情報はTwitterアカウントで配信いたします。フォローはこちらから。

Jリーグのスポンサー企業一覧をご覧になりたい方はこちらから。

参考記事

https://www.jleague.jp/docs/aboutj/club-h30kaiji_3.pdf

ネイマールの転がる演技効果でKFCの広告が200万回再生越え!【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】

2018.07.24

[現地レポ]ルヴァンカップ決勝から考える、試合当日の効果的なプロモーションとは?

2016.10.24

 

スポンサーリンク