バイエルン・ミュンヘン|スポンサー企業一覧

バイエルン・ミュンヘン|スポンサー企業 スポンサーリスト

スポンサーリンク

バイエルン・ミュンヘンのスポンサー企業をまとめています。

更新日:2018年5月12日

スポンサーシップ概要

ドイツ企業

ドイツ・ブンデスリーガでもっとも多くのタイトルを獲得しているバイエルン・ミュンヘンは、やはりドイツ企業のスポンサーシップが多い。Telekom、Allianz、SAP、SIEMENSといったドイツでも有数の大企業をスポンサーに抱え、チーム強化、クラブ運営、ホスピタリティなど様々な分野で関わっている。

また、アメリカコロンビア大学との提携も発表されており、クラブの経営ノウハウなどを大学院生が学べる基盤を構築するなど、人材育成やアメリカ市場の開拓など積極的な動きを見している。

メインパートナー

Telekom(ドイツの電気通信会社)

adidas(スポーツメーカー)

Audi(自動車)

Allianz(ドイツの保険、大手金融)

プラチナパートナー

DHL(運送)

GOOD YEAR(タイヤメーカー)

Doha Hamad Airport(ドーハ空港)

Hypo Vereinsbank(ドイツの金融機関)

Lufthansa(ルフトハンザ航空)

PAULANER(ドイツの白ビール)

SAP(ドイツのソフトウェア会社)

SIEMENS(ドイツの電子機器メーカー)

tipico(ギャンブル)

ゴールドパートナー

Coca Cola(清涼飲料メーカー)

MAN(ドイツの自動車メーカー)

P&G(アメリカの一般消費材メーカー)

HYLO EYE CARE(コンタクトの洗浄液)

オフィシャルパートナー

Adelholzener(ドイツのアルプス天然水)

APPLE MUSIC(Appleの音楽配信サービス)

BAYERN 3(ドイツのラジオ番組)

beatsbydre(アメリカのオーディオ機器のブランド)

body soul(ハワイの化粧品会社)

EA Sports(アメリカのサッカーゲーム)

Gigaset(ドイツの通信会社)

HUGO BOSS(紳士服)

COURT YARD(ビジネスホテル)

SIEMENS HOME(SIEMENSのキッチンショールーム)

SIEMENS HELTHINEERS(SIEMENSの医療分野)

Veuve Clicquot(フランスのシャンパン)

*参考:https://fcbayern.com/jp/club/partner

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク