スポンサーシップ

スポンサーシップのアクティベーション(権利活用)についての分析記事を発信しています。

スポンサーリンク




MLB×ナイキの10年間のサプライヤー契約を支えるファナティクスの存在〜スポーツマーチャンダイジングの次世代ビジネスモデルとは?〜スポンサーシップ

MLB×ナイキの10年間のサプライヤー契約を支えるファナティクスの存在〜スポーツマーチャンダイジングの次世代ビジネスモデルとは?〜

MLB×ナイキ×ファナティクスによる10年間のパートナーシップ 2019年1月25日、北米プロ野球リーグMLBが大手スポーツメーカーであるナイキ(Nike)と10年間のサプライヤー契約を結んだことを発表した。2016年に…

【2015年ラグビーW杯スポンサー事例】エミレーツ航空によるオフライン&オンライン統合アクティベーションスポンサーシップ

【2015年ラグビーW杯スポンサー事例】エミレーツ航空によるオフライン&オンライン統合アクティベーション

2019年、日本にラグビーW杯がやってくる。開催が近づくにつれ、メディアによる報道やスポンサー企業によるキャンペーンなどが大会を盛り上げていくだろう。 そんな一年後に迫ったラグビーW杯であるが、前回の2015年イングラン…

ドイツ・ブンデスリーガ、スポンサーボードをARで国別に出し分けるテクノロジーをテスト導入〜将来的な地域ターゲティングが可能に〜スポンサーシップ

ドイツ・ブンデスリーガ、スポンサーボードをARで国別に出し分けるテクノロジーをテスト導入〜将来的な地域ターゲティングが可能に〜

ドイツ・ブンデスリーガで、AR(拡張現実)を活用して、試合映像を配信する国別にスポンサーボードに映し出す広告を出し分けるテクノロジーをテスト導入したことが発表されている。将来的にはブンデスリーガの1部と2部で導入を見込ん…

マクドナルド香港、ロシアW杯視聴者の「空腹時間」を狙って広告を配信 〜スポンサー企業によるリアルタイム施策〜スポンサーシップ

マクドナルド香港、ロシアW杯視聴者の「空腹時間」を狙って広告を配信 〜スポンサー企業によるリアルタイム施策〜

2018年ロシアW杯は日本でも大きく盛り上がり、日本代表はべルギー戦のロスタイムの失点で惜しくもベスト8進出を逃したが、当初の期待とは裏腹に躍進したことで大きな話題となった。ビデオリサーチの調査によると、日本代表が戦った…

2017年度Jリーグ各クラブの決算・経営情報をデータスタジオで可視化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?Jリーグ

2017年度Jリーグ全クラブの決算・経営情報をデータスタジオで可視化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2017年度のJリーグ各クラブの決算・経営情報が開示されました。開示されたデータをグーグルデータポータルでまとめてみましたのでご覧ください。 営業利益やスポンサー収入が多いクラブはどこなのでしょうか? *本記事で取り扱う…

ロシアw杯のアンブッシュマーケティング事例-フォルクスワーゲンがw杯抽選結果をバナー広告で生配信アンブッシュ

【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】フォルクスワーゲンがW杯組み合わせ抽選結果をバナー広告で生配信

全世界から注目を集めるFIFAワールドカップ。2018年のW杯の開催国はロシアでは、今も激闘が行われている。そんな4年に1度のサッカーの祭典に際して、ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は、オフィシャル・スポンサ…

応援グッズ配布事例-ホームサポが知らぬ間にアウェイサポに-ペルー代表のw杯出場を支えた秀逸な応援企画スポンサーシップ

【応援グッズ配布事例】ホームサポが知らぬ間にアウェイサポに?ペルー代表のW杯出場を支えた秀逸な応援企画

スポーツの試合において、スタジアムや試合会場付近でチームを応援するグッズやスポンサー企業の商品の配布などはよく見られる光景だ。そんなよくあるグッズ配布だが、とても秀逸な応援グッズ配布がワールドカップの大陸間プレーオフで行…