チェルシー|スポンサー企業一覧

チェルシー|スポンサー企業一覧 スポンサーリスト

スポンサーリンク

イングランド・プレミアリーグに所属するチェルシーのスポンサー企業一覧と簡潔な会社概要です。

更新日時:2018年7月12日

スポンサーシップ概要

横浜タイヤ

チェルシーのユニフォーム胸スポンサーは日本企業である横浜タイヤが務めており、契約期間は2015-16シーズン開始からの5年間です。横浜ゴムのロゴがトップチームやユースチームのユニフォームに記載されます。

スポンサー料の公表は行われていませんが、BBCによればその契約金はクラブ史上最高額の年間4000万ポンド(当時約73億6000万円)と報道されています。イギリスではアメリカの自動車ブランド『シボレー』と契約を結んだマンチェスター・Uの年間5300万ポンド(約97億5000万円)に次いで第2位です。

チェルシーのスター選手であるフランク・ランパードの来日を企画し日本ファン向けのアクティベーションおよび、世界中のチェルシーファンに向けたマーケティングを行っています。

プリンシプルパートナー

横浜タイヤ(日本のタイヤメーカー)胸スポンサー

アディダス(スポーツメーカー)

CARABAO(タイのエナジードリンク)

クラブパートナー

Bangkok Bank(タイの銀行)

Beats(アメリカの音楽機器メーカー)

EA Sports(スポーツゲーム)

ERICSSON(スウェーデンの通信機器メーカー)

HUBLOT(スイスの高級時計メーカー)

HYUNDAI(韓国の自動車メーカー)

LEVY Restaurants(アメリカのレストラン)

MILLENNIUM HOTELS AND RESORTS(イギリスのホテル)

OLE777(アジアの有名オンラインゲーム会社)

Shield(サウスアフリカの防臭剤メーカー)

SINGHA(タイのビール)

SONY Music(日本のエンターテイメント会社)

SURE(イギリスの防臭剤メーカー)

Vitality(イギリスの保険会社)

Williams HILL(イギリスのベッティングメーカー)

チャリティーパートナー

PLAN International(子どもの権利を推進し、貧困や差別のない社会を実現するために世界70カ国以上で活動する国際NGO)

出典:http://www.chelseafc.com/the-club/sponsors.html

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク