FIFAワールドカップ|スポンサー企業一覧

FIFAワールドカップ|スポンサー企業 サッカー大会

スポンサーリンク

FIFAワールドカップのスポンサー企業をまとめています。

更新日:2018年5月15日

スポンサーシップ概要

中国企業

Coca Colaやマクドナルドなど古くからワールドカップにスポンサーをする企業もいるが、中国企業が非常に目立っている。WONDA、Hisense、Mengniu、VIVO、Yadeaと全13のスポンサーのうち、7社が中国の企業である。

スポンサー収入

2014年ブラジル大会では16億2900万ドル(約1797億円)のスポンサー収入が集まったが、ロシア大会では14億5000万ドル(約1600億円)に減少している。FIFAの汚職問題があったことで、エミレーツ航空やジョンソン&ジョンソンといった既存のスポンサー企業が離れた影響だ。

FIFA Partner

adidas (スポーツメーカー)

Coca Cola(飲料メーカー)

WANDA(中国のコングロマリット企業(複合事業企業)大型ショッピングモール万達広場や高級ホテルの運営、隣接するマンションの販売が中心)

Gazprom.(ロシアのガス会社)

Hyundai KIA motors(韓国の自動車会社)

Qatar Airways(カタールの航空会社)

Visa(クレジットカード)

FIFA World Cup™ Sponsors

Budweiser(アメリカのビールメーカー)

Hisense(中国の電気メーカー)

McDonalds(食品店)

Mengniu(中国の乳製品企業)

VIVO(中国のスマートフォンメーカー)

Regional Supporters

Yadea(電動オートバイ、自転車とスクーター)

指点芸境(VR)

帝牌(紳士服)

*参考:https://www.fifa.com/worldcup/organisation/partners/

【応援グッズ配布事例】ホームサポが知らぬ間にアウェイサポに?ペルー代表のW杯出場を支えた秀逸な応援企画

2018.05.30

サッカー日本代表(JFA)|スポンサー企業一覧

2017.05.15

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク