ラグビーワールドカップ|スポンサー企業一覧

ラグビーワールドカップ|スポンサー企業一覧 その他スポーツ

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップのスポンサー企業一覧と簡潔な会社概要です。

更新日時:2018.07.13

スポンサーシップ概要

2019年ラグビーワールドカップ

2019年ラグビーワールドカップは、日本で開催されることが決まっている。全スポンサー16社のうち、日系企業は7社と、大きな割合を占めている。

このうちのCANONとNECは、自社でラグビーチーム(キャノンイーグルスとNECグリーンロケッツ)を保有している。

ワールドワイドパートナー

エミレーツ航空(航空会社)

ハインケン(オランダのビールメーカー)

LAND ROVER(イギリスの自動車ブランド)

Mastercard(クレジットカード)

SOCIETE GENERALE (フランスの大手銀行)

DHL(輸送・物流)

オフィシャルスポンサー

Canon(カメラ)

TOTO(水回り設備)

SECOM(セキュリティー)

リポビタンD(大正製薬の栄養ドリンク)

三菱地所グループ(不動産・ディベロッパー)

NEC(総合電機メーカー)

大会サプライヤー

GILBERT(ラグビーボール)

TUDOR(スイスの高級時計)

TOPPAN(印刷)

canterbury(ニュージーランドのスポーツアパレルブランド)

参考:https://www.rugbyworldcup.com/commercial-partners/dhl

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク