2016年リオパラリンピック|スポンサー企業一覧

リオパラリンピックスポンサー企業一覧 オリンピック

スポンサーリンク

2016年、リオパラリンピックのスポンサー企業の一覧、会社概要をまとめています。

更新日時:2017.05.10

WORLDWIDE PARALYMPIC PARTNERS

Atos(フランスの情報技術企業)

Panasonic(日本の総合電機メーカー)

Samsung(韓国の総合電機メーカー)

Visa(アメリカのクレジットカード)

OFFICIAL SPONSORS OF RIO 2016 PARALYMPIC GAMES

Bradesco(ブラジルにおける4大銀行の1つ)

Bradesco Seguros(ブラジルの保険会社。Bradescoの子会社)

Coca-Cola(清涼飲料メーカー)

Correios(ブラジルの郵便会社)

NET(アメリカのモバイルカンパニー)

Embratel(ブラジル第2の通信事業会社)GE(ゼネラル・エレクトロニック。アメリカの複合事業会社。主に航空機エンジン、医療機器、産業用ソフトウェア、各種センサーなど)

Claro(ブラジルの通信事業会社)

Nissan(日本の自動車メーカー)

Omega(スイスの高級腕時計メーカー)

P&G(アメリカの生活用品メーカー)

OFFICIAL SUPPORTERS OF RIO 2016 PARALYMPIC GAMES

Aliansce(ブラジルのショッピングセンター)

Cisco(アメリカの世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社)

EY(ロンドンに本拠地を構える世界四大会計事務所のうちのひとつ)

Kinoplex(ブラジルの映画関連会社)

Sadia(ブラジルの食品メーカー)

Latam(チリの航空会社)

361(中国のスポーツ用品専用ブランド)

OFFICIAL SUPPLIERS OF RIO 2016 PARALYMPIC GAMES

Casa da Moeda do Brasil(ブラジルのコイン製造所)

CEG(ブラジルのガス供給会社)

EF EDUCATION FIRST(世界展開するスウェーデンの英語語学学校)

OFF!(ブラジルの殺虫剤ブランド)

Ottobock(ブラジルの医療機器メーカー)

3 CORAÇÕES(ブラジルのコーヒーブランド)

出展:https://www.rio2016.com/en/paralympics

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク