2017年度Bリーグ全クラブの決算・経営情報をグラフ化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2017年度Bリーグ全クラブの決算・経営情報をグラフ化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ? スポーツビジネス

スポンサーリンク

2017年度のBリーグ各クラブの決算・経営情報が開示されました。開示されたデータをグーグルデータポータルでグラフ化してまとめたのでご覧ください。

営業利益やスポンサー収入が多いクラブはどこなのでしょうか?

*本記事で取り扱うデータはBリーグ公式サイトに掲載されている情報を参考にしています。データ元はこちらから。

Bリーグ全クラブの項目別決算・経営情報

Bリーグ全クラブの項目別決算・経営情報をご覧ください。

*「チーム」「項目」を選択するとデータが切り替わります。(デフォルトは営業収入です。)

*チームや項目を選択したあとグラフが見えない際は、グラフのどこかをクリックすると解消されます。

*PCでの閲覧の場合、データスタジオの仕様の問題でグラフが正常に表示されない場合があります。その際にはブラウザのキャッシュや閲覧履歴を削除していただけると解消されます。

Bリーグクラブ別決算・経営情報

Bリーグ全クラブ別決算・経営情報をご覧ください。

*「チーム」を選択するとデータが切り替わります。

決算資料のサマリー(葦原氏のツイートから)

営業利益の多かったクラブは?(営業収入 – 営業費用=営業利益)

各リーグの営業利益TOP3とWORST3のクラブをまとめました。

B1

TOP3

  1. 大阪エヴェッサ(1億589万8千円)
  2. 千葉ジェッツ(9,323万5千円)
  3. 名古屋ダイアモンドドルフィンズ(9,040万8千円)

WORST3

  1. 島根スサノオマジック(-1億1,453万5千円)
  2. 西宮ストークス(-6,204万2千円)
  3. 京都ハンナリーズ(252万9千円)
2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B1)

2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B1)

B2

TOP3

  1. 山形ワイヴァンズ(4,440万9千円)
  2. アースフレンズ東京Z(3,682万6千円)
  3. 香川ファイブアローズ(2,758万1千円)

WORST3

  1. 金沢武士団(-1億3,200万7千円)
  2. 群馬クレインサンダーズ(-9,680万4千円)
  3. ライジングゼファー福岡(-4,714万5千円)
2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B2)

2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B2)

広告収入(スポンサー収入)の多かったクラブは?

本サイトではスポンサーについて特に取り扱っているため、広告収入(スポンサー収入)についても簡潔にまとめました。

B1

TOP3

  1. シーホース三河(8億9,456万7千円)
  2. アルバルク東京(8億1,466万1千円)
  3. 大阪エヴェッサ(6億6,655万円)

WORST3

  1. 西宮ストークス(1億626万円)
  2. 島根スサノオマジック(1億5,599万6千円)
  3. 富山グラウジーズ(1億8,689万3千円)
2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B1)

2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B1)

B2

TOP3

  1. 秋田ノーザンハピネッツ(3億323万9千円)
  2. Fイーグルス名古屋(2億7,459万7千円)
  3. ライジングゼファー福岡(2億7,300万8千円)

WORST3

  1. 金沢武士団(7,100万円)
  2. バンビシャス奈良(8,709万2千円)
  3. 群馬クレインサンダーズ(9,243万2千円)
2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B2)

2017年度Bリーグ各クラブ営業利益(B2)

注釈(Bリーグ公式サイトから)

※端数調整の関係で合計数値等が一致しない箇所がある
※物販収入・グッズ販売原価は、各クラブの販売方法および会計処理の方法が異なるため単純比較はできない
※3月決算など決算期間とシーズンが同じでないクラブがある(A東京・SR渋谷・川崎・新潟・富山・三遠・三河・名古屋D・大阪・山形・FE名古屋)

葦原氏著書 稼ぐがすべて

Bリーグ全体のビジネス戦略が気になる方はこちらの本がおすすめです。

今後の更新予定

2017年度以前のデータも追加できればと考えています。追加しましたらSNS等でお知らせいたします。

更新情報はTwitterアカウントで配信いたします。フォローはこちらから。

Bリーグのスポンサー企業一覧をご覧になりたい方はこちらから。

参考記事

https://www.bleague.jp/files/user/about/pdf/financial_settlement_2017.pdf

Jリーグの経営情報はこちら

2017年度Jリーグ全クラブの決算・経営情報をデータスタジオで可視化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2018.07.31

スポンサーリンク