【保存版】スポーツビジネスを学ぶ上でオススメの本10冊!〜ジャンル別にご紹介〜

【保存版】スポーツビジネス学ぶ上で必読の本10冊!〜ジャンル別にご紹介〜 スポーツビジネス

スポンサーリンク

2020年の東京オリンピック開催の影響もさることながら、2012年の時点で5.5兆円とされたスポーツ産業の国内市場規模を、2020年までにほぼ倍増の10兆円、そして25年までに15兆円に拡大する目標を政府が掲げたことで、の注目度は年々高まっています。

スポーツビジネスは、アメリカで「ドリームジョブ」とも呼ばれ、多くの人が憧れる職業であり、日本でも各地でを題材にしたイベントや就職支援サービスが広がっています。

業界人が登壇するセミナーなどに参加することもを学ぶ有効な手段ではありますが、数多くの有益な書籍が出版されており、本から学ぶことも一つの手段です。その中には、ビジネス全般の話もあれば、スポーツマーケティング、キャリア、eスポーツなど、そのジャンルは多岐に渡ります。

今回は、その中でもライターとして活動する筆者がオススメする10冊の本をご紹介します。

オススメの本10選

スポーツビジネス/スポーツマーケティング/スポーツマネジメント

最強の教科書〔第2版〕

文字通り、スポーツビジネスの「教科書」と言える書籍。の全体像を掴むことができます。

稼ぐがすべて Bリーグこそ最強のビジネスモデルである

発展著しいBリーグがどのように発展してきたかが学べる書籍。デジタルマーケテイングの活用や、改革に向けて以下に周りの人を巻き込んでいったのかの実体験など、スポーツビジネスを行う上で重要となるチップスが分かります。

サッカービジネスの基礎知識 「Jリーグ」の経営戦略とマネジメント 増補改訂版

Jリーグの発展の歴史を学ぶことができる書籍。発足当時から現代に至るまでの変革などを追うことで、リーグ運営における重要な視点を得ることができます。

MLSから学ぶスポーツマネジメント

MLSの今日までの発展を学ぶことができる書籍。NBA、NFL、MLB、NHLがアメリカ4大スポーツと言われていますが、それらに迫るとも劣らない勢いで発展しているMLSののノウハウについて分かります。

アメリカのスポーツ現場に学ぶマーケティング戦略―ファン・チーム・行政が生み出すスポーツ文化とビジネス

アメリカのスポーツ文化に合わせて、ビジネスとしてアメリカンスポーツがどのように発展してきたのかを学ぶことができる書籍。

ファン・サポーター

ファンベース

本書はに直接的に関わる本ではありませんが、やはりスポーツビジネスにおいて「ファン」の重要性は高いです。そんな「ファン」をいかに「コアファン」とし、新しいファンを獲得するべきかを学ぶことができます。

偏愛ストラテジー ファンの心に火をつける6つのスイッチ

こちらもファンに特化した書籍。ロイヤリティーの高いファンを獲得するためのテクニックを学ぶことができます。

キャリア・就職

プロ 私たちの成功事例

スポーツビジネス界の第一線で働いている方々が、どのように今のキャリアにたどり着いたかを知ることができる書籍。

国際スポーツ組織で働こう

スポーツビジネスの醍醐味は、世界を舞台に活躍できるチャンスがあること。そんなグローバルなに取り組む方々のキャリア論を学ぶことができます。

eスポーツ

1億3000万人のためのeスポーツ入門

今、度々話題となっているeスポーツ。そんなeスポーツとは何か?を基礎から学ぶことができます。

最後に

オススメの関連書籍10冊をご紹介させていただきました。

これからも多くの有益な本が出版されていくかと思いますので、随時更新していきたいと思います。

もし宜しければ、ぜひTwitterアカウントをフォローしていただけますと幸いです!

アカウントはこちら。

スポンサーリンク