[後編]トーヨータイヤ×ACミラン コラボにグローバルマーケティング戦略とは?(キャンペーンサイト分析)

[後編]トーヨータイヤ×ACミラン コラボにグローバルマーケティング戦略とは?(キャンペーンサイト分析)
出典:Youtubeから
スポンサーシップ

スポンサーリンク

 今回は、「トーヨータイヤ×ACミラン コラボに隠されたグローバルマーケティング戦略とは?」の後編になります。後編では、CMを見て興味・関心を抱いた消費者を購買(アクション)に繋げる仕掛けである、キャンペーンサイトを考察します。

ACミランとのコラボをまとめたキャンペーンサイト

 トーヨータイヤは、これまでにACミランとのコラボで制作したCMや、そのメイキング動画などをまとめたキャンペーンサイトを所有しています。

*サイトへのリンクはこちらから。

[後編]トーヨータイヤ×ACミラン コラボにグローバルマーケティング戦略とは?(キャンペーンサイト分析)
出典:http://toyotires-milan.com/

 ACミランのクラブカラーの1つでもある黒色を基調としており、ACミランというクラブを彷彿とさせるデザインとなっています。グローバルサイトなので英語verも、きちんと用意されています。

また、CMだけでなく、トーヨータイヤのプロダクト情報や、ACミランとのコラボ以外の製品プロモーションCMも掲載しています。

CM視聴からの購買への導線

 このキャンペーンサイトを設けることで、ACミランとのコラボCMを見て、トーヨータイヤへの興味・関心が高まっている視聴者に対して、製品の認知を図ることができます。

ACミランのファンや、CMを見てこのサイトを訪れたユーザーは、少なからずトーヨータイヤに興味があってサイトに流入します。ここで、ただCMを楽しんでもらうだけでなく、製品の認知、さらにはタイヤの購入へと繋げることが重要です。

このキャンペーンサイトの製品紹介ページには、タイヤの細かい特徴が掲載されており、ユーザーは製品への理解を深めることができます。また、国・地域別のサイトへのリンクも設けており、そこへの導線としての役割も担っています。

これらのトーヨータイヤとACミランのコラボは、以下のようなカスタマージャーニー(顧客が購入に至るプロセス)にまとめることができます。

  「CM→キャンペーンサイト→各国サイト」というようなプロセスです。CMでブランドの認知と興味・関心を高め、キャンペーンサイトで製品の理解を深めてもらい、最後には各国サイトで購入まで至る、または直接店舗などにいって購入に至る。このプロセスを消費者に辿ってもらうことが、トーヨータイヤの最大の目的であると考察します。

ACミランとのコラボで潜在顧客にアプローチ

 トーヨータイヤは、ACミランとコラボすることで、既存の顧客を超えて、世界中のサッカーファン、特にACミランのファンに自社ブランドを認知させることができます。スポンサーとしての権利を活用することで、潜在顧客にアプローチすることが可能です。

近年低迷してはいますが、依然としてACミランは世界的に知られるビッグクラブであり、世界中に多くのファンがいます。トーヨータイヤとしても、日本代表の本田圭佑選手を抱え、世界中に知れ渡るACミランとのコラボは、グローバルマーケットに進出する手段として非常に効果的です。

世界中で視聴されるようなクールなプロモーションCMの制作、購買に至までの重要な導線であるキャンペーンサイトの設置、非常に一貫した戦略が練られており、巧みなスポンサーシップのアクティベーションと言えるでしょう。

今後のトーヨータイヤの動きにも注目

 トーヨータイヤは、ACミランだけでなく、プレミアリーグの岡崎慎司選手が所属するレスターや、ロシアリーグの強豪・ゼニト、Jリーグのガンバ大阪など、数多くのサッカーチームにスポンサーしています。

ACミランとのコラボは、CM、キャンペーンサイトと、多くの費用がかかっていることが予想できます。しかし、効果的にスポンサーとしての権利を活用することで、全世界で自社のブランド認知を高めることができます。

多くのサッカーチーム、スポーツにスポンサーをするトーヨータイヤはこれからも様々な施策を仕掛けていくでしょう。今後のトーヨータイヤの動きにも注目していこうと思います。

スポンサーリンク