アーセナル|スポンサー企業一覧

アーセナル|スポンサー企業一覧 スポンサーリスト

スポンサーリンク

オススメの Pick UP 記事

「スポンサー権利は自社のためだけに活用するもの」という考え方が変わる記事です。

大手物流DHL、スポンサーLED看板の権利を中小企業に提供 〜レスターとのアクティベーションの狙いとは〜

2020.06.25

イングランド・プレミアリーグに所属するアーセナルのスポンサー企業一覧と簡潔な会社概要です。

更新日時:2020年7月6日

スポンサーシップ概要

スタジアム命名権も持つエミレーツ航空

現在のマンチェスター・ユナイテッドの胸スポンサーはエミレーツ航空が務めており、同時にホームスタジアムの命名権も保有しており、「エミレーツ・スタジアム」でアーセナルの試合は行われます。

ルワンダという「国」による袖スポンサー

アーセナルのユニフォーム袖スポンサーには、一つの国である「ルワンダ」が務めています。ルワンダの大統領ポール・カガメ氏がアーセナルのファンであったことから実現したパートナーシップで、ルワンダへの観光客の増加を狙ったものであると伝えらています。

リードパートナー

EMIRATES AIRLINE(航空会社)ユニフォーム胸スポンサー&スタジアムネーミングライツ

adidas(スポーツメーカー)

VISIT RWANDA(ルワンダ:国によるスポンサー)袖スポンサー

オフィシャルパートナー

ACRONIS(スイスのバックアップソフトウェアとデータ保護ソリューション)

COVER-MORE(オーストラリアの旅行保険)

GKFX(イギリスに本社を置く金融取引/サービスを提供する大企業ブローカー)

KONAMI(日本のゲーム会社)

SANTA RITA(チリのワイン)

VBET(オンラインスポーツカジノ)

Vitality(保険)

WORLDREMIT(ロンドンの送金サービス)

ZOOM(WEB会議サービス)

地域パートナー

424(LAのストリート系ファッションブランド)

BANQUE DU CAIRE(エジプトの銀行)

CAMDEN TOWN BREWERY(ロンドンのビール)

GANZBERG(ドイツのビール)

HYDE PARK DEVELOPMENTS(エジプトの不動産)

INTEL(半導体メーカー)

LAVAZZA(イタリアのコーヒーブランド)

MBNA(クレジットカード会社)

OCTOPUS ENERGY(イギリスのエネルギー供給会社)

SKOL BREWERY LIMITED RWANDA(ルワンダのビール)

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク

ABOUT US

『SPODIGI』管理人|❶スポンサーシップのアクティベーション ❷ファンマーケティング ❸クラブ経営 などの #スポーツビジネス 情報を発信|『スポンサーシップ活用について修行中』|デジマケ代理店データマーケター|好きなスポーツチームはLiverpool