【プレミアリーグ】胸・袖・ベッティングスポンサーまとめ(2019/20シーズン)

【プレミアリーグ】の胸・袖・ベッティングスポンサーまとめ(2019/20シーズン) スポンサーリスト

スポンサーリンク

英プレミアリーグのスポンサー事情

放映権料がリーグ全体で約3413億円まで高騰した影響で、世界で最も裕福なリーグと言われるイングランド・プレミアリーグ。そんなプレミアリーグの各チームのスポンサー事情も、変化してきています。

特に頭角を現してきているのが、スポーツベッティングの企業です。イングランド国内だけでなく、海外のスポーツベッティング企業がスポンサーになるなど広がっています。

本記事では、2019/20シーズン現在のプレミアリーグ各チームの胸・袖・スポーツベッティングのスポンサー(パートナー)企業をまとめています。

更新日時:2019.09.07

各チームの胸&袖スポンサー

アーセナル

胸スポンサー

Emirates(エミレーツ航空)(航空会社) – ドバイ、UAE |推定年間契約金:£40m

袖スポンサー

Visit Rwanda(観光) – ルワンダ

アストン・ヴィラ

胸スポンサー

W88(ベッティング) – タイ

袖スポンサー

BR88(ギャンブルとゲーム) – アジア

ウェストハム・ユナイテッド

胸スポンサー

Betway(ベッティング) – マルタ

袖スポンサー

Basset & Gold(金融) – イギリス

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

胸スポンサー

ManBetX(ベッティング) – マルタ

袖スポンサー

CoinDeal(金融) – キプロス

エバートン

胸スポンサー

SportPesa(ベッティング) – ケニアとマン島

袖スポンサー

Angry Birds (Rovio Entertainment)(ゲーム) – フィンランド

クリスタル・パレス

胸スポンサー

ManBetX(ベッティング) – マルタ

袖スポンサー

All Football(サッカーアプリ) – 中国

サウサンプトン

胸スポンサー

LD Sports(スポーツメディア) – 中国

袖スポンサー

Virgin Media(テレコミュニケーション) – イギリス

シェフィールド・ユナイテッド

胸スポンサー

USG(金融) – オーストラリア

袖スポンサー

USG(金融) – オーストラリア

チェルシー

胸スポンサー

Yokohama Tyres(横浜タイヤ)(自動車) – 日本

袖スポンサー

Hyundai(自動車) – 韓国

トッテナム・ホットスパー

胸スポンサー

AIA(生命保険および金融サービス) – 香港

袖スポンサー

なし

ニューカッスル・ユナイテッド

胸スポンサー

Fun88(ベッティング) – 中国

袖スポンサー

StormGain(金融) – セーシェル共和国

ノーリッチ・シティ

胸スポンサー

Dafabet(ベッティング) – フィリピン

袖スポンサー

Best Fiends (Seriously Digital Entertainment)(ゲーム) – フィンランド

バーンリー

胸スポンサー

LoveBet(ベッティング) – マルタ

袖スポンサー

LoveBet(ベッティング) – マルタ

ブライトン&ホーヴ・アルビオン

胸スポンサー

American Express(金融業務) – アメリカ

袖スポンサー

なし

ボーンマス

胸スポンサー

M88(ベッティング) – フィリピンとジブラルタル

袖スポンサー

Mansion(ギャンブル) – ジブラルタル

マンチェスター・シティ

胸スポンサー

Etihad Airways(エティハド航空)(航空会社) – アブダビ、UAE

袖スポンサー

Nexen Tire(自動車) – 韓国

マンチェスター・ユナイテッド

胸スポンサー

Chevrolet(シボレー)(自動車) – アメリカ

袖スポンサー

Kohler(製造業とホスピタリティ) – アメリカ

リバプール

胸スポンサー

Standard Chartered(金融サービスと銀行) – イギリス

袖スポンサー

Western Union(金融) – アメリカ

レスター・シティ

胸スポンサー

King Power(免税店) – タイ

袖スポンサー

Bia Saigon (ThaiBev)(飲料) – ベトナム

ワトフォード

胸スポンサー

Sportsbet.io(ベッティング) – キュラソー島

袖スポンサー

なし

台頭するスポーツベッティング企業

下記のツイートは、プレミアリーグがスタートした1992年と、現在の2019年の各チームの胸スポンサー企業のカテゴリーの内訳を示したものです。

昔は電機メーカーやアルコール企業が台頭しておりましたが、現在は20クラブ中の50%の10クラブがスポーツベッティングの会社となっており、その勢いがうかがえます。

オンラインカジノのススメ

おまけですが、こうしたスポーツベッティングやカジノなどの賭け事が好きの方には、オンラインカジノもおすすめです。

IR法案が可決されたことで、今後は日本でもカジノだけでなくスポーツベッティングが行えるようになっていくことが予想されます。日本のスポーツチームにスポンサーする企業が後々出てくるかもしれません。今後も注目の分野と言えるでしょう。

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク