川崎フロンターレ|スポンサー企業一覧

川崎フロンターレ|スポンサー企業一覧 Jリーグ

スポンサーリンク

川崎フロンターレの主要スポンサー企業一覧です。

更新日:2018.12.07

2017年度Jリーグ全クラブの決算・経営情報をデータスタジオで可視化。営業利益やスポンサー収入が多いのはどのクラブ?

2018.07.31

スポンサーシップ概要

富士通グループ

川崎フロンターレの前身は富士通サッカー部であることから、富士通グルーぷの多くの会社がスポンサー企業となっている。

また地元密着の企業としても知られているため、川崎市に関連がある企業も多く並んでいる。

オフィシャルスポンサー

富士通株式会社(総合エレクトロニクスメーカー)

SMBC日興証券株式会社(証券会社)

富士通エフサス(タブレットによる情報共有・活用で営業業務活性サービス)

富士通ビー・エス・シー(システムインテグレーター)

株式会社富士通マーケティング(富士通下請けのマーケティング会社)

Renosy(中古マンション)

株式会社PFU(イメージスキャナ、情報KIOSK(キオスク)端末、組込みコンピュータ、ドキュメントソリューションなど)

プーマ(スポーツメーカー)


USTRUST(中古マンション)

アメリカン・エクスプレス(クレジットカード)

SBIいきいき少短(医療保険)

SBI損保(損害保険)

川崎朝日会(川崎市の朝日新聞販売店)

川崎信用金庫(信用金庫)

サントリー(飲料メーカー)

セブンイレブン(コンビニ)

JAセレサ川崎(農業振興)

ぴあ(チケット代理店)

富士通エフ・アイ・ビー(データセンター機能を基盤にアウトソーシング)

PROMISE(キャッシング・カードローン)

エアコンの富士通ゼネラル(エアコンメーカー)

松尾工務店(横浜市のゼネコン)

みずほ銀行(銀行)

みずほ証券(証券)

三井不動産(不動産)

ロッテ(お菓子メーカー)

和幸(とんかつ専門店)

早稲田アカデミー(学習塾)

その他のスポンサー企業一覧はこちらからご覧ください。

参考:https://www.frontale.co.jp/sponsors/sponsors_list.html

スポンサーについてお調べの方へ

SPODIGIでは、スポーツビジネスにおける「スポンサーシップのアクティベーション」に特化した分析記事を掲載しています。

広告看板の設置やCMの作成以外にも、スポンサーシップには多くの活用方法があります。ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーシップのアクティベーション事例を見る。

スポンサーリンク